就職特集詳細

★必見★人事から聞いた選考の裏話!

★必見★人事から聞いた選考の裏話!

皆さん、就職活動の状況はいかがでしょうか。

おそらく、たくさんのエントリーシートの締め切りに追われているのではと思います。エントリーシートの提出が終わると、SPIや適性検査、そして面接に進んでいかれるかと思います。

そこで今回は、『各フェーズにおける選考の裏話』を人事の方に聞きましたので皆様にお伝えできればと思います。
(各企業によって選考ポイントは様々ですので、あくまで一例としてお読みください。)


【各企業が採用で見ているポイント】

=============
SPI、適性検査
=============

言わずもがなですが、何点取れたのか、各企業が基準としているボーダーラインを越えているかを見られます。ここで基準点を満たしていないと次の選考には進めませんので、準備をしっかりと行って確実に点数を取りましょう。多くの人事の方が「SPIの内容は時間をかければクリアできるはずの内容だ。ここが出来ていないということはやるべきことをやっていないと判断できてしまう。」とお話しされています。頑張りましょう!

実はもう一つ見ている点があります。それは、SPIなどであれば得点と本人の印象のズレ、性格診断であれば回答結果との本人の印象のズレです。例えば、SPIで本当はかなり高い点数をとれているのに面接では「全然できませんでした。」と答えていないか、性格診断では慎重派と出たのに面接では「好奇心旺盛です!」と答えていないか、などです。こればっかりは結果を確認する事が出来ませんので答え合わせは出来ないのですが、話を盛らずに本心をお話しされることをお勧めします。


=============
面接
=============

「当社に合うかどうか」「優秀な人材かどうか」などを見てはいるのですが、誰が面接を行うかによっても少し視点が変わってきます。

■現場担当者が面接官の場合
様々なシミュレーションをしています。この人をお客様の前に出して問題ないか、社内でコミュニケーションを取る時にどうなりそうか、ミスをしたときにどういう対応をするか(圧迫面接などで見られます)などです。

■人事が面接官の場合
次の選考フローでOKが出そうかどうかを特にみています。例えば、今皆さんが3次面接を受けていて次が最終面接で役員が出て来るとします。人事のミッションは採用の成功でありますから、どんな学生を最終面接に上げてきたのかを役員から見られます。なので「役員がOKを出せる人材なのか?」を3次面接では見てきます。そこで不合格になる理由としてよく聞くのは「ポテンシャルもあるし優秀な人材だと思うが、次の役員面接でしっかりと話をできる準備が出来ていなそうであった」というものです。


1次面接ではまとまっていなかった内容、次の選考に進む際にきちんと整理し直せていますか?相手がどんな方なのかを考えて自分のことを伝えられていますか?是非面接の前後で考えてみてくださいね!


最後に、企業によっても見るポイントは異なってきます。帰国GO.comでは企業に合わせた面接の対策なども行っておりますので、担当のカウンセラーに希望を伝えてみてください。留学経験をどうアピールすると効果的かなどアドバイスいたします。少しでも皆さんの就職活動の力になれれば幸いです。



◆就職カウンセリングのお申込みはこちら◆
下記より候補日時を3つ・SkypeIDを合わせて帰国GO.com までご連絡ください。

【カウンセリング日時】
平日 月曜~金曜日 10:00~17:00(米国西海岸時間)
【連絡先】帰国GO.com 事業部 info@kikokugo.com


◆会員登録がお済でない方はこちら◆
https://www.kikokugo.com/registration/entry


+++++++++++++++++++++++++++++
お問い合わせ:info@kikokugo.com
新規会員登録:https://www.kikokugo.com/registration/entry
帰国GO.com Facebook (“Like!”をお願いします!):
https://www.facebook.com/kikokugocom
+++++++++++++++++++++++++++++


一覧へ戻る